柿安本店 おいしさへのこだわり

おいしさのこだわり

柿安天草大王

10年の歳月をかけて復元された幻の地鶏 柿安天草大王
10年の歳月をかけて復元された幻の地鶏 柿安天草大王 柿安と熊本県養鶏農業協同組合の共同開発飼育方式により生まれた、名古屋コーチンや比内地鶏に勝るとも劣らない美味しさの健康地鶏です。
そのお肉は100日もかけてゆったりじっくり飼育しますので肉量も多く、弾力のある歯ごたえ、コクのある味の一級品です(以前は博多の水炊きとして大変珍重されました)

天草大王とは?
天草地方

熊本に生息する我が国最大級の鶏(雄鶏の背丈90cm、体重が約7kg)のことで、天草地方で飼育されていることから、天草大王と名づけられました。

明治から大正時代にかけて天草地方で肉用種として飼われていましたが、昭和初期の不景気と大型種のため産卵率が低かったので絶滅したといわれています。
そこで熊本県農業研究センター(菊池郡合志町)が平成4年(1992年)から「ランシャン種」に「大しゃも」、「熊本コーチン」を交配し約10年の歳月をかけて平成13年(2001年)10月に原種天草大王の復元に成功しました。

Copyright © Kakiyasu Honten Co.,Ltd. All Rights Reserved.