プレスリリース

2017年8月24日

ホームパーティやディナーが華やぐ柿安ダイニング秋商品、2017年9月7日(木)から販売

 明治4年(1871年)牛鍋店として創業以来、145年の歴史を誇る肉の老舗、株式会社 柿安本店(本社:三重県桑名市/代表取締役社長:赤塚保正、以下:柿安)は、全国のデパ地下に展開する惣菜事業の代表ブランド「柿安ダイニング」で、秋の味覚の代表格、南瓜やさつま芋が入った惣菜や、きのこを使ったポテトサラダなど、サイドディッシュとしてぴったりな新商品が登場し、2017年9月7日(木)から全国50店舗で販売を開始します。さらに、好評発売中のメインディッシュとして秋の食卓を豪華に彩るスペアリブやビーフカツも取り揃えています。

 商品ラインナップ

【サイドディッシュにおすすめ】
<9/7(木)から販売>『鶏と野菜チップの甘辛ソースがらめ』
カラリと揚げた鶏肉に、素揚げした南瓜やさつま芋、蓮根などの秋野菜が彩りあざやか。甘辛ソースとよく合う具だくさんな一品。

<9/7(木)から販売>『きのことチーズのポテトサラダ』
クリームチーズが入った濃厚なポテトサラダに、ソテーしたきのこをトッピング。塩・胡椒のシンプルな味付けで、お子様にも食べやすく、またお酒のお供にもぴったり。

【メインディッシュにおすすめ】
<好評販売中>『スペアリブ BBQソース』
コクのあるオリジナルBBQソースに、肉厚のスペアリブを一晩漬け込み、店舗でじっくり焼き上げて肉の旨みを凝縮した大人気商品。

<好評販売中>『ミラノ風ビーフカツ』
食べ応えがありながら、程よい柔らかさを出すため、料理人が肉の厚さを追求。マスタードが効いたトマトベースのオリジナルソースと相性抜群。

 駅チカで便利!行楽に持っていきたい柿安ダイニング“肉尽くしごちそう弁当”

 柿安ダイニングでは、年間150万食売り上げる看板商品『黒毛和牛 牛めし』をはじめ、秋の行楽を盛り上げる“肉尽くしのごちそう弁当”を豊富に取り揃えています。
 また、東京駅や名古屋駅、大阪駅といった主要ターミナル近くや新宿駅の駅ナカ(「柿安 牛めし」)に店舗を構えており、お出掛けついでに気軽に立ち寄ることができて、移動中や旅先のお供にぴったりのお弁当をご購入いただけます。

※このリリースに記載されている内容は発表時点のものです。発売日や価格など最新の情報とは異なる場合がありますのでご了承ください。
※高解像度の画像をご入用の方は下記よりお問い合わせください。

 プレスリリース詳細(PDF)

ホームパーティやディナーが華やぐ柿安ダイニング秋商品、2017年9月7日(木)から販売

 関連情報

◆柿安ダイニング オフィシャルページ

 お問い合わせ

【報道関係者のお問い合わせ先】
株式会社柿安本店 広報室
〒141-0031 東京都品川区西五反田8-1-14 最勝ビル3階
電話:03-5759-0718 / FAX:03-5759-0767
E-mail:press@kakiyasuhonten.co.jp

【お客様のお問合せ先】
株式会社柿安本店 お客様相談室
フリーダイヤル:0120-554-410(平日・土曜日9時~17時)
http://www.kakiyasuhonten.co.jp/contact/index.php

 < プレスリリース一覧へ
ページトップへ戻る